モバイル決済の種類と特徴 ||

Virtual Goods News

↑ページの先頭へ
枠上

モバイル決済の種類と特徴

現在スマートフォンの大規模な普及により「モバイル決済」と呼ばれるものが流行しています。

モバイル決済とはスマートフォンやタブレットを使って、その場で現金を使わずに決済をすることです。

主に便利だから、アクセスが簡単だから、時間の節約になるから、手軽だから、といった理由で使う人が多いようです。

モバイル決済の種類はクレジットカード認識型、オンラインウォレット、NFC決済、QRコード決済、モバイルバンキング、などがあります。

クレジットカード認識型はクレジットカードの番号をカメラでスキャンし、暗証番号を入力することで行う決済方法です。

オンラインウォレットはあらかじめオンラインウォレットサービスに銀行口座やクレジットカードを登録し、決済の際にログインすることで支払いができるサービスです。PayPalやGoogle Walletもこのサービスです。

NFC決済はスマートフォンなどをかざすだけで決済が行われるもので、お財布ケータイやSuicaがこれにあたるものになります。

QRコード決済はQRコードを読み込むことで、その場で決済ができるおなじみのサービスです。

モバイルバンキングはモバイル機器から銀行口座を使って残高照会や振込を行えますシステムで、アプリを提供している銀行も多いです。

このように現在は様々なモバイル決済の種類があります。便利なサービスはどんどん利用しましょう。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下 枠上 枠下
Copyright (c) 2014 Virtual Goods News All rights reserved.