モバイル決済とは ||

Virtual Goods News

↑ページの先頭へ
枠上

モバイル決済とは

モバイル決済とは、スマートフォンやタブレット端末に専用のカードリーダーを接続することで簡単にクレジットカード決済ができるようになる仕組みのことです。従来、小売りなどの店舗においてクレジットカードによる決済を行うには、クレジットのスキャンをする装置などを導入すると大きな費用が掛かってしまいました。そのため、中小の事業者ではクレジットカード決済のためのシステム導入を控える動きが出ていました。しかし、モバイル決済を活用すると今持っているスマートフォンに専用のカードリーダーだけを取り付けるだけで良いため、導入費用を大きく抑えることが可能になってきます。そのため、中小の小売店などでもモバイル決済を使えば、安い費用でクレジット決済が行えるようになります。なお、近年では海外からの観光客が増えている傾向があり、海外のお客はクレジットカードを使うことが多いです。そうした環境があることからも、中小の店舗でもモバイル決済を導入するメリットが大きくなっています。モバイル決済においては運営企業に対して、3.25%といった手数料が掛かる仕組みがあります。しかし、運営会社からは専用のアプリも提供されるため、会計管理を行う手間が省けるメリットが出てきます。

枠下 枠上 枠下
枠上 枠下 枠上 枠下
Copyright (c) 2014 Virtual Goods News All rights reserved.