モバイル決済とは

モバイル決済とは、スマートフォンやタブレット端末に専用のカードリーダーを接続することで簡単にクレジットカード決済ができるようになる仕組みのことです。従来、小売りなどの店舗においてクレジットカードによる決済を行うには、クレジットのスキャンをする装置などを導入すると大きな費用が掛かってしまいました。そのため、中小の事業者ではクレジットカード決済のためのシステム導入を控える動きが出ていました。しかし、モバイル決済を活用すると今持っているスマートフォンに専用のカードリーダーだけを取り付けるだけで良いため、導入費用を大きく抑えることが可能になってきます。そのため、中小の小売店などでもモバイル決済を使えば、安い費用でクレジット決済が行えるようになります。なお、近年では海外からの観光客が増えている傾向があり、海外のお客はクレジットカードを使うことが多いです。そうした環境があることからも、中小の店舗でもモバイル決済を導入するメリットが大きくなっています。モバイル決済においては運営企業に対して、3.25%といった手数料が掛かる仕組みがあります。しかし、運営会社からは専用のアプリも提供されるため、会計管理を行う手間が省けるメリットが出てきます。

モバイル決済とモバイル支払いとの違い

物品の購入や契約の際には、スマートフォンやフューチャーフォンで支払うことができます。これらモバイル端末で支払う方法には、モバイル支払いやモバイル決済があり、それぞれには違いがあります。
モバイル支払いは「まとめて支払い」などとも呼ばれ、売買の契約は物品を購入したショップと行いますが、ショップに直接支払うわけではなく、請求は各キャリアに対して行われます。各キャリアは、毎月の使用料金と合わせてユーザーに対して請求する仕組みとなっています。
請求先が煩雑にならないというメリットがありますが、月ごとに利用額の上限が定められているため、高額な商品の購入には利用できない場合があります。
一方のモバイル決済は、端末を通して各種決済方法を利用できるもので、使用できる決済方法はクレジットカードや各種電子マネーなど多彩です。電子マネーを利用する場合は、モバイル端末に電子マネー用のアプリをインストールする必要がありますが、クレジットカードがなくても決済が可能となるため、クレジットカード情報を入力する必要が無いというメリットもあります。但し、電子マネーを統一できるアプリが存在しないため、電子マネーごとに専用アプリのインストールが必要となります。

モバイル決済のメリット

モバイル決済は、小型のコンピューターの一種であるスマートフォンやタブレットを利用して、クレジットカードの決済ができるようになっているものです。大手携帯電話会社の通信網を利用して、決済をし、電話料金と一緒に支払う、キャリア決済と混同されやすいので注意が必要です。
モバイル決済を利用するには、店舗側でクレジットカードの情報を読み込むための専用カードリーダーと、モバイル側にインストールする専用アプリが必要となります。モバイル決済を展開する決済代行業者側では、スマートフォンやタブレットのイヤホンジャック部分等に端子を接続するだけで、簡単に利用できるカードリーダーを販売しています。誰でも比較的安価な金額で購入できるので、費用をかけずに設置でき、小規模な飲食店等の店舗や宿泊施設でもクレジットカードの取り扱いができるようになりました。モバイル決済の手数料はだいたい3%前後のことが多く、店舗側にも負担がかかりませんし、手持ちのスマートフォンやタブレットを利用するために、売上の集計や経理処理が楽になるというメリットもあります。また、外国の旅行者の利用が多い場所の場合は、現金決済よりもカード決済を好む観光客が多いため、顧客の利便性も図れ、集客の効果があるでしょう。

モバイル決済の種類と特徴

現在スマートフォンの大規模な普及により「モバイル決済」と呼ばれるものが流行しています。
モバイル決済とはスマートフォンやタブレットを使って、その場で現金を使わずに決済をすることです。
主に便利だから、アクセスが簡単だから、時間の節約になるから、手軽だから、といった理由で使う人が多いようです。
モバイル決済の種類はクレジットカード認識型、オンラインウォレット、NFC決済、QRコード決済、モバイルバンキング、などがあります。
クレジットカード認識型はクレジットカードの番号をカメラでスキャンし、暗証番号を入力することで行う決済方法です。
オンラインウォレットはあらかじめオンラインウォレットサービスに銀行口座やクレジットカードを登録し、決済の際にログインすることで支払いができるサービスです。PayPalやGoogle Walletもこのサービスです。
NFC決済はスマートフォンなどをかざすだけで決済が行われるもので、お財布ケータイやSuicaがこれにあたるものになります。
QRコード決済はQRコードを読み込むことで、その場で決済ができるおなじみのサービスです。
モバイルバンキングはモバイル機器から銀行口座を使って残高照会や振込を行えますシステムで、アプリを提供している銀行も多いです。
このように現在は様々なモバイル決済の種類があります。便利なサービスはどんどん利用しましょう。

↑ PAGE TOP